プリンターレンタルサービス3社を比較!選び方とオススメは?

定額制プリンターレンタル4社を比較!個人・法人向け、即日導入できる安いサービス

即日、プリンターレンタルを導入したい
個人向けにおすすめのプリンターレンタルは?
安いプリンターレンタルサービスがいい

このようにお悩みではないでしょうか。定額プリンターレンタルにもさまざまありますので、選び方が難しいと感じる人も多いでしょう。

そこでこのページでは、

  • 定額制プリンターレンタルサービスに関する基礎知識
  • 有名どころプリンターレンタルサービス4社の比較
  • 定額制プリンターレンタルサービスの選び方

といった情報をご提供します。

読み終える頃には、個人・法人問わず定額制プリンターレンタルを、すぐに使い始められて、安いサービスを見つけられるでしょう

定額制プリンターレンタルとは?

定額制プリンターレンタルサービスとは、その名の通りプリンターをレンタルしてくれるサービスです。このように、ご説明すると「リースとどう違うの?」という疑問が湧いてきませんでしたか?

「定額プリンターレンタル」と「リース」の違い

従来の「リース」は、以下の費用がかかっていました。

  • 機器のリース代
  • カウント料金

しかし、「プリンターレンタル」ではシンプルに月額費用のみで印刷することができるのです。カウント料金(白黒;3円、カラー;15円)はかかりませんので、コストを気にせずにカラーコピーができるのが最大の特徴です

両者の費用を比較すると以下のようになります。

サービス種別リース料金/レンタル料金カウント料金(白黒)カウント料金(カラー)合計料金
リース10,000円/月3,000円/月
(2,000枚×3円)
15,000円/月
(2,000枚×15円)
46,000円/月
レンタル14,800円/月0円/月
(何枚でも印刷し放題)
0円/月
(何枚でも印刷し放題)
14,800円/月

このように比較すると、定額制プリンターレンタルがいかにコストカットに効果的かがわかるはずです。ちなみに、多くのプリンターレンタルは個人法人問わず、利用できます。

定額制プリンターレンタルサービス4社を比較【安いのは?即日導入できるのは?】

以降では有名どころの定額制プリンターレンタルサービス4社を、比較してご紹介していきます。結論から言えば、「業界シェアナンバーワン」「初期費用不要」「低価格プランでも月間2,000枚の印刷が可能」「豊富な機器ラインナップ」という点からスリホがおすすめです

サービス名特徴料金
おすすめ!
スリホ
・業界シェアナンバーワン!
・50を超える機器ラインナップ
・徹底したサポート
初期費用0円
月額費用8,000円
※一般的なA4複合機の場合
※月間2,000枚まで
※月間2,000枚を超える場合、月額14,800円
ウルトラプリント・最短1ヶ月から契約可能
・最短当日発送
・トラブル発生時の出張サポート
初期費用10,000円~30,000円
月額費用7,500円
※一般的なA4複合機の場合
※月間1,000枚まで
※月間1,000枚を超える場合、月額15,000円
プリント無制限・月額費用最安値!
・最短1ヶ月から契約可能
・安心の保守サポート
初期費用15,000円
月額費用6,000円
※一般的なA4複合機の場合
※月間1,000枚まで
※月間1,000枚を超える場合、月額12,000円
プリント革命・最低利用期間は1ヶ月から
・月額払いとまとめ払いに対応
・公式サイトで見積書作成可能
初期費用0円
月額費用8,000円
※一般的なA4複合機の場合
※月間3,000枚まで
※月間3,000枚を超える場合、月額12,000円

以降で上記4社を詳しくご紹介していきます。

スリホ

スリホ

・業界シェアナンバーワン!
・50を超える機器ラインナップ
・徹底したサポート

スリホは業界シェアナンバーワンの全国対応定額プリンターレンタルサービスです。その特徴は、A4インクジェット複合機からレーザープリンター、大型複合機に至るまで50を超える機器ラインナップを取り揃えている点です。

また、月額費用のみで使い放題というプランもシンプルでお手軽です。印刷コストを抑えたいと考えている法人におすすめです。

会社名株式会社C-mind
料金初期費用0円
月額費用8,000円
※一般的なA4複合機の場合
※月間2,000枚まで
※月間2,000枚を超える場合、月額14,800円

ウルトラプリント

ウルトラプリント

・最短1ヶ月から契約可能
・最短当日発送
・トラブル発生時の出張サポート

ウルトラプリントは最短1ヶ月から利用できる定額プリンターレンタルです。また、最短で当日発送をしていますので急なニーズにも対応してくれます。

初期費用がかかったり月間上限枚数が少ない点で、料金面の安さでは「スリホ」に劣ってしまいますが、気軽に利用できる点では「ウルトラプリント」に軍配が上がります。

会社名ウルトラプリントサービス株式会社
料金初期費用10,000円~30,000円
月額費用7,500円
※一般的なA4複合機の場合
※月間1,000枚まで
※月間1,000枚を超える場合、月額15,000円

プリント無制限

プリント無制限

・月額費用最安値!
・最短1ヶ月から契約可能
・安心の保守サポート

プリント無制限はご紹介する4社の中でも最安値の定額プリンターレンタルです。それに加えて契約期間に縛りがないため、最短で1ヶ月から利用可能です。

その価格の安さとお手軽さから多数の導入実績があります。個人にも利用をおすすめしたいサービスです。

会社名株式会社 プレジャーネクスト
料金初期費用15,000円
月額費用6,000円
※一般的なA4複合機の場合
※月間1,000枚まで
※月間1,000枚を超える場合、月額12,000円

プリント革命

プリント革命

・最低利用期間は1ヶ月から
・月額払いとまとめ払いに対応
・公式サイトで見積書作成可能

プリント革命は、最低利用期間1ヶ月から利用可能な定額レンタルプリンターです(ただし、3ヶ月以内の解約は違約金が必要)。初期費用がかからず、また、7日間の無料トライアルを設けていますので気軽に導入しやすいサービスです。

会社名株式会社シー・コネクト
料金初期費用0円
月額費用8,000円
※A4複合機で人気の(BIJC12)の場合
※月間3,000枚まで
※月間3,000枚を超える場合、月額12,000円

定額制プリンターレンタルサービスの選び方

定額制プリンターレンタルサービスを選ぶ際には以下の4つを基準にしてみてください。

  1. 機器ラインナップで選ぶ
  2. 導入実績の豊富さで選ぶ
  3. 契約期間の縛りの有無で選ぶ
  4. 個人・法人向けで選び方は変わらない

1.機器ラインナップで選ぶ

定額制プリンターレンタルサービスを選ぶ際には、機器ラインナップの豊富さを基準にしましょう。一般的なA4サイズのインクジェットプリンターであれば、どのサービスを選んでもラインナップに入っていますが、大型複合機やレーザープリンターなどはラインナップに入ってない場合もあります

「A3が印刷できた方がいい」「早く印刷したいからレーザータイプがいい」といったニーズに対応できるよう、機器ラインナップの豊富さを基準に選ぶといいでしょう。

2.導入実績の豊富さで選ぶ

導入実績の豊富さで選ぶのもおすすめです。実績が豊富な定額制プリンターレンタルは、突然のサービス終了リスクがありません

せっかく定額制プリンターレンタルサービスを導入してコストカット効果など利便性を感じているのに、終了してしまったらまた新たにサービスを導入しなければなりません。定額制プリンターレンタルサービスも徐々に業者間の競争が過熱してきていますので、そういったリスクを考え、実績豊富なサービスを選ぶといいでしょう。

3.契約期間の縛りの有無で選ぶ

契約期間に縛りがないタイプの、定額制プリンターレンタルサービスの方が安心です。

契約期間に縛りがあると、例えば「スリホ」の場合ですと2年以内の解約すると39,800円の違約金がかかります。(「ウルトラプリント」「プリント無制限」は縛りなし)

しかし、契約期間の縛りに関してはそこまで気にする必要はありません。なぜならコストカット効果が大きいゆえに、プリンターレンタルは基本的に一度導入したら解約することは無いためです。

短期利用を検討している方のみ、「契約期間の縛りの有無」について気にしておくといいでしょう。

4.個人・法人向けで選び方は変わらない

定額プリンターレンタルは、個人と法人で選び方に違いはありません。

それよりも、「A4フルカラーで印刷したい」「A3も使うかも」「とにかく安いサービスがいい」「即日導入したい」といったニーズでサービスを選ぶものです。自分が何を優先するのか、よく考えて定額プリンターレンタルを選択しましょう。

定額制プリンターレンタルのメリット

定額制プリンターレンタルサービスのメリットは

  • 印刷代・リース代の大幅なコストカットが可能

という点です。

「プリンターレンタルとは」でもご説明しましたように、従来の「リース」と比較しても大幅なコストカットが可能です。リース契約からプリンターレンタルサービスに切り替えることで、「50~90%のコスト削減」ができると言われています(「スリホ」導入の場合)。

そして何よりも月額定額で印刷し放題のため、「印刷枚数」「カラー」を気にせずに使えるため、従業員はストレスを感じません。インクやトナーについても、オンラインか電話連絡で届けてくれますし、困ったことがあれば出張サポートにも対応してもらえます。

まさにプリンターレンタルは、いいことづくめのサービスだと言えるでしょう。

定額制プリンターレンタルのデメリット

定額プリンターレンタルのデメリットは、強いて挙げるならば、

  • 月間で100まい未満程度の利用を想定している場合は、むしろ割高

という点です。

定額プリンターレンタルサービスは基本的に月間で数百枚か、それ以上を使うような事業所をターゲットに、コストダウンできるよう提供されています。ということは月間100枚を大きく下回る場合には、むしろ割高になってしまうのです。

「月間で数十枚しか利用しない」場合には、プリンターレンタルはオススメしません。

定額制プリンターレンタルに関する「まとめ」

定額制プリンターレンタの特徴や選び方、有名どころ4サービスを比較してご紹介してきました。定額プリンターレンタルサービスを導入することで大幅なコストカットを実現できます。

まずは、おすすめの「スリホ」の詳細からチェックしてみてください。

 data-src=BIZONに、無料掲載できます!" width="1280" height="768" >

BIZONに、無料掲載できます!

御社の製品・サービスを掲載しませんか?
BIZONなら、なんと掲載費は無料!お気軽にお問い合わせください!

CTR IMG
スリホバナー画像