在庫管理システム

在庫管理システムおすすめ10選を比較!業種別・規模別に紹介

  • 2020年1月7日
  • 2020年5月9日
  • 未分類
  • 217view

あなたは以下のような悩みをお持ちではありませんか?

在庫管理システムの導入を検討している

自社にあう在庫管理システムを知りたい

在庫管理システムを導入することで、過剰な在庫や在庫不足を未然に防ぐことができ、結果として機会損失を無くし、売り上げの最大化につなげることができます。

また人的に管理しているとどうしても効率が悪かったり、ミスが生じてくるものですが、勤務時間の時短やミスの削減もねらえるでしょう。

しかし、在庫管理システムと一口にいっても数が多くて選定が困難に感じられます。

在庫管理システムの選定で誤ってしまうと、むしろ余計な業務が増えてしまったり、システムのコストが高く事業を圧迫してしまうことにもつながりかねません

そこでこのページでは、

  • 在庫管理システムに関する基礎知識
  • 代表的な在庫管理システム10の比較表
  • 在庫管理システムの選び方

をご紹介していきます。

最後まで読んでいただくことで、自社にあう在庫管理システムの選定ができるようになっていることでしょう。

在庫管理システムとは?

在庫管理システムとは、その名の通り「在庫を管理するシステム」のことです。

「何が」「どこに」「いくつ」あるのかを見える化することで、在庫を持ちすぎることや切らすことを未然に防ぐことができます。

在庫管理システムの機能

在庫管理システムの代表的な機能は以下の通りです。

  • バーコード読み取り
  • 入出庫管理
  • 在庫状況の分析
  • 各種帳票の出力

「バーコード読み取り」とは、商品のバーコードをハンディターミナルやスマホで読み取ることで商品情報を識別することができる機能です。

「入出庫管理」は、倉庫間で在庫を移動する際に在庫の見える化が可能です。

「在庫状況の分析」では、在庫状況を分析し余剰在庫や在庫切れを、これまでの売上傾向などの情報から未然に防ぐことができます。

「各種帳票の出力」は、発注書や請求書、貼り付け伝票などを出力・印刷してくれる機能です。

在庫管理システムのメリット・デメリット

在庫管理システムの機能をご紹介してきましたが、ここからはそれら機能によって受けられるメリットやデメリットをご紹介します。

在庫管理システムのメリット

在庫管理システムを導入するメリットは、「経営状況の改善」です。

在庫管理システムを導入することで、余剰在庫が減り在庫切れを防ぐことに繋がるため、売上は向上し費用を下げることができます

また、現場スタッフの業務効率化や倉庫のサイズの適正化に繋がるなど、見えにくい部分でも効果を感じられるでしょう。

在庫管理システムを導入することで、徐々に経営状況が改善されていくはずです。

在庫管理システムのデメリット

在庫管理システムにデメリットはありませんが、「業種ごとに最適化されたシステム」「倉庫の規模別にオススメのシステム」がありますので、資料請求などにより情報収集した上でよく比較検討する必要があります。

自社倉庫にとって、使いやすくコストパフォーマンスの良い在庫管理システムを導入するためにも、事前に各社の情報を集めておきましょう。

このページでは、各社の資料を一括で無料請求できますので、利用してみてください

在庫管理システムの種類

在庫管理システムには大きく、

  1. オンプレミス型
  2. クラウド型

の2タイプがあります。以降ではそれぞれの特徴について深掘りしてご紹介していきましょう。

1.オンプレミス型

オンプレミス型は、自社サーバーにシステムを設置して利用する形態をとります。

メリットとしては、

  • システムを買い切りで導入するため、初期費用のみで済む
  • 諸データを自社サーバーで管理することができる
  • (システムによるが)カスタマイズができるため、他社と差別化しやすい

の2点があります。

一方でデメリットとしては、

  • 初期導入費用が高い
  • 保守運用は自社で行う必要があるため専門知識やスキルを持ち人員が必要

があります。

時代の流れとしては、以降でご紹介する「クラウド型」が浸透しつつあります。

2.クラウド型

クラウド型は、システムベンダーのサーバーに設置してあるシステムを各社が共同で利用する形態をとります。

メリットとしては、

  • 初期費用はかからないか、低額で済むことが多く、月額費用を支払うことで利用できる
  • インターネットにつながる環境であれば、どこからでもアクセスできる
  • 保守運用のノウハウやスキルを必要としない
  • 常に最新版を利用することができる

の4点があります。

一方でデメリットは、

  • 他社と同じシステムを使うため、在庫管理における差別化ができない
  • カスタマイズが困難

が挙げられます。

全てを差し引いても、クラウド型はメリットが大きいと言えるのではないでしょうか

在庫管理システムおすすめ10選比較

ここからは代表的かつおすすめな在庫管理システム10の比較表と、各システムの特徴をご説明していきます。

各社の資料は無料でお取り寄せできるようになっていますので、あわせてご利用ください。

在庫管理システム名 推奨従業員規模数 特徴
ExeQuint(エグゼクイント) 50名以上 1,000名未満 ・個別企業ごとのカスタマイズにより、多様な業種に対応可能
・充実かつきめ細やかな基本機能
・多様なオプションにより拡張性の高さを実現
楽商 10名以上 1,000名未満 ・多くの業種・業態に最適化させたラインナップ
・充実した標準機能と多彩なオプション、カスタマイズもローコストで対応
・周辺システムとの連携も要望に応じて対応
ユビレジ 数名〜 ・在庫管理機能が付帯した、iPadポスレジシステム
・多様な機能により売上アップを実現
・小規模店舗でも導入しやすいリーズナブルな価格設定
eee CLOUD 在庫管理システム 全ての規模に対応 ・あらゆる業種のニーズに標準対応
・豊富な標準機能を搭載
・専用カスタマイズも格安で対応
アラジンオフィス 全ての規模に対応 ・多様な業種のニーズに対応
・必要な機能に絞りコンパクトにまとめたシステム
・高精度な在庫管理により、機会損失を防ぐ
ロジクラ 全ての規模に対応 ・クラウド型のリーズナブルで使いやすい在庫管理システム
・小規模であれば無料でも利用可能
・iPhoneで操作可能
Quick出版 全ての規模に対応 ・出版業に特化した販売管理システム
・業界特有の商習慣や特性に対応
・返品状況の把握など充実した帳票
Smart通販 全ての規模に対応 ・通販に特化した販売管理システム
・他システムとの連携により効率化を促進
・充実した顧客管理機能
在庫express-web2 全ての規模に対応 ・在庫管理に必須な機能に絞ったシンプルなシステム
・リーズナブルな料金設定
おまかせ物流39 全ての規模に対応 ・「販売支援システム」「物流管理システム」「ハンディターミナル」がセットに
・誰でも使える簡単操作
・リアルタイムな在庫管理が可能
在庫管理システムの資料を一括請求する

以降では、上記10システムをそれぞれ深掘りしてご紹介していきます。

ExeQuint(エグゼクイント)

ExeQuint(エグゼクイント)

・個別企業ごとのカスタマイズにより、多様な業種に対応可能
・充実かつきめ細やかな基本機能
・多様なオプションにより拡張性の高さを実現
提供会社 株式会社センチュリー・システムズ
提供形態 オンプレミス
価格 要お問い合わせ

楽商

楽商

・多くの業種・業態に最適化させたラインナップ
・充実した標準機能と多彩なオプション、カスタマイズもローコストで対応
・周辺システムとの連携も要望に応じて対応
提供会社 株式会社日本システムテクノロジー
提供形態 オンプレミス
価格 330万円〜
※参考価格

ユビレジ

ユビレジ

・在庫管理機能が付帯した、iPadポスレジシステム
・多様な機能により売上アップを実現
・小規模店舗でも導入しやすいリーズナブルな価格設定
提供会社 株式会社ユビレジ
提供形態 クラウド
価格 月額6,900円(税抜)

eee CLOUD 在庫管理システム

eee CLOUD 在庫管理システム

・あらゆる業種のニーズに標準対応
・豊富な標準機能を搭載
・専用カスタマイズも格安で対応
提供会社 テービーテック株式会社
提供形態 クラウド
価格 月額30,000円〜
※standard(全業種版)の場合

アラジンオフィス

アラジンオフィス

・多様な業種のニーズに対応
・必要な機能に絞りコンパクトにまとめたシステム
・高精度な在庫管理により、機会損失を防ぐ
提供会社 株式会社アイル
提供形態 クラウド / オンプレミス
価格 要お問い合わせ

ロジクラ

ロジクラ

・クラウド型のリーズナブルで使いやすい在庫管理システム
・小規模であれば無料でも利用可能
・iPhoneで操作可能
提供会社 株式会社ニューレボ
提供形態 クラウド
価格 月額15,000円(税抜)
初期費用75,000円(税抜)

Quick出版

Quick出版

・出版業に特化した販売管理システム
・業界特有の商習慣や特性に対応
・返品状況の把握など充実した帳票
提供会社 株式会社大塚商会
提供形態 オンプレミス
価格 要お問い合わせ

Smart通販

Smart通販

・通販に特化した販売管理システム
・他システムとの連携により効率化を促進
・充実した顧客管理機能
提供会社 株式会社大塚商会
提供形態 オンプレミス
価格 要お問い合わせ

在庫express-web2

在庫express-web2

・在庫管理に必須な機能に絞ったシンプルなシステム
・リーズナブルな料金設定
提供会社 株式会社ユーテック
提供形態 クラウド
価格 月額10,000円(税抜)
初期50,000円(税抜)

おまかせ物流39

おまかせ物流39

・「販売支援システム」「物流管理システム」「ハンディターミナル」がセットに
・誰でも使える簡単操作
・リアルタイムな在庫管理が可能
提供会社 株式会社マテハンソフト
提供形態 オンプレミス
価格 要お問い合わせ

在庫管理システムの選び方

在庫管理システムを選ぶ際には以下の4つのポイントを抑えておきましょう。

  1. 導入の目的を叶えることができるシステムを選ぶ
  2. 自社の業種やビジネスモデルに合うシステムを選ぶ
  3. 必要に応じてカスタマイズが可能なシステムを選ぶ
  4. サポート体制が整ったシステムを選ぶ

以降では上記4つを深掘りしてご説明していきます。

①導入の目的を叶えることができるシステムを選ぶ

そもそも御社が在庫管理システムを導入する目的は何でしょうか?

システムを導入することで、その目的は果たすことができるでしょうか

在庫管理システムによってできることは微妙に違いがあります。

在庫管理システムを導入するにあたっては、目的を明確にし、それを果たせるシステムを選ぶようにしてください。

②自社の業種やビジネスモデルに合うシステムを選ぶ

自社の業種やビジネスモデルに合うシステムを選ぶようにしてください。

在庫管理システムは、「通販業界」「出版業界」「アパレル業界」といった業種に最適化されたシステムが存在します

業種に最適化されたシステムを選ぶことで、恩恵を最大限に受けることができるでしょう。

③必要に応じてカスタマイズが可能なシステムを選ぶ

必要に応じてカスタマイズが可能な在庫管理システムを選ぶようにしてください。

自社の業種に合うシステムを選んだとしても、各社によって在庫管理ルールなどは違って当然です

自社に自然に馴染むことができる在庫管理システムを導入するためにも、カスタマイズができるシステムの方が良いでしょう。

④サポート体制が整ったシステムを選ぶ

サポート体制が整った在庫管理システムを選ぶようにしてください。

使っていくうちに事前に想定していなかった疑問は出てくるものです

そのような時にいつでも相談できる環境が整った製品は、安心感があります。

まとめ

在庫管理システムの基礎知識や、代表的なシステム比較表、システムの選び方をご紹介してきました。

在庫管理システムを導入することで、販売の機会損失がなくなり売り上げの最大化を実現できるでしょう

気になる在庫管理システムは積極的に情報収集するようにしてください。

>スポンサー募集中!

スポンサー募集中!

御社のサービスの露出をより最大化させませんか?
BIZONであればリーズナブルに、リーチしたい層へのアプローチが可能です。
広告メニューの詳細は以下のページよりご覧いただけます

CTR IMG