ヒートマップツール

ヒートマップツールおすすめ厳選5サービス比較!機能面と価格面(無料範囲)で選ぶ

Webページのどこが読まれているのか、どこが読まれていないのかを知りたい

ヒートマップというツールがあると聞いたけど、どんなツールなんだろう

おすすめのヒートマップツールを知りたい

あなたは、このような疑問や希望をお持ちではないでしょうか?

ヒートマップツールを導入することで、Webページのどこが読まれているのか、どこが読まれていないのかを視覚的に捉えることができます。

これにより、あなたのWebページ(サイト)のパフォーマンスが上がり、あらゆる面で効果向上が期待できるでしょう。

このページでは、ヒートマップツールを導入することで実現できること、おすすめのヒートマップツールを5つ厳選してご紹介します

ヒートマップツールとは?

ヒートマップツールとは、マウスのポインターの位置を追跡し、読まれているエリアを色で可視化するツールです

マウスのポインターの位置と読まれているエリアには相関性があると言われています。

よって、マウスのポインターの位置を追跡し、ヒートマップにより表現することで熟読されているエリアとそうでないエリアを可視化できるわけです。

また、マウスのポインターの動きのみならず、クリックがされた位置を可視化することも可能ですので、広告やボタンリンクの配置の最適化による売り上げ向上やサイト内の回遊といった目的も達成できます。

ヒートマップツールでできること

ヒートマップツールでできることとして大きくは以下の3つです。

他にもツールによって、ユーザーの環境による絞込み機能やエントリーフォームの離脱ポイントの把握といったことができるものもありますので、目的に応じてツールを選びましょう。

  1. ユーザーが興味のあるコンテンツと興味のないコンテンツの把握
  2. 何割のユーザーがページ最下部まで辿り着いているかの把握
  3. クリックされるボタンや広告配置の把握

1.ユーザーが熟読しているエリアと熟読されていないエリアの把握

ヒートマップツールを導入することで熟読されているエリアとそうでないエリアが可視化されるため、読み飛ばされているエリアの改善や削除をすることで、ユーザーの読了率(ページ最下部まで読まれる確率)や満足度が上がります。

これは結果として、SEOにも好影響です。また、ページ最下部にはCTA(コールトゥアクション)導線があったりするため、広告やボタンのクリック率が上がり、結果として売り上げの向上も狙うことができます

ユーザーが熟読しているエリアを増やし、熟読されていないエリアを減らすために役立てることができます。

2.読了率(何割のユーザーがページ最下部まで辿り着いているか)の把握

ヒートマップツールにより、読了率(何割のユーザーが最下部まで辿り着いているのか)を、把握することができます。

ページの役割により読了率の目安は異なりますが、なるべく多くのユーザーに最下部まで読んでいただけるように改善するに越したことはありません読了率が高いイコール、ページへの満足度が高い、ということが言えるためです

ヒートマップツールを導入し、PDCAをまわし読了率の改善に役立てることができます。

3.クリックされるボタンや広告配置の把握

ヒートマップツールにより、ボタンや広告のクリック状況も把握可能です。

これらのクリック状況を把握することで、配置を変えるなどしてクリック率をあげて、Webページの目的達成に役立てることが可能です

Webページにアクセスは集まっているけれど、目的が達成できていない(資料請求やカートに入れるボタン、広告クリックなど)場合、単純にボタンや広告の配置がよくない状況が考えられるためです。

ヒートマップツールの選び方

  1. 必要な機能があるか
  2. 価格はどうか
  3. 無料トライアルができるか

1.必要な機能があるか

ヒートマップツールには大きく以下3つの機能があります。

・スクロールヒートマップ
 →ユーザーがどこまでスクロールしているか(読んでいるか=読了率)を把握できる
・アテンションヒートマップ
 →ユーザーが熟読しているエリアを把握できる
・クリックヒートマップ
 →ユーザーがクリックしているエリアを把握できる
自社で使いたい機能はどれなのかを把握し、その機能が搭載されているかを確認しましょう。
なお、このページでご紹介しているツールはどれも上記3つの機能は最低限、使うことができます

2.価格はどうか

ヒートマップツールを使いたいページで利用した場合、いくらかかるのかをシミュレーションしましょう。

ツールによって、「URL・ドメイン数に応じて価格が上がるもの」「ページビュー数に応じて価格が上がるもの」があります

目的達成が最重要事項ではありますが、価格面も気にしておきたいポイントです。

3.無料トライアルができるか

無料トライアルできるものを選びましょう。

一度、利用してみないことには使い勝手に満足できるかわかりません

なお、1000ページビュー/月程度で1ページのみの解析であれば、ずっと無料で利用できる場合もあります。

このページでご紹介しているヒートマップツールはどれも無料トライアルが可能ですが、それに加えてどの範囲まで無料で利用できるのかも解説していますので、お役立てください。

ヒートマップツールおすすめ厳選5サービスを徹底比較!
無料で利用できる範囲は?機能は?

以下に、おすすめのヒートマップツールを5つに絞りご紹介します。

機能面と価格面、無料利用できる範囲で比較できるように比較表をご用意していますので、ご参考ください。

サービス名 機能 価格 無料利用できる範囲
Mieruca(ミエルカヒートマップ) スクロールヒートマップ
アテンションヒートマップ
クリックヒートマップ
コンテンツマーケティングツールとの連携
自動毎日キャプチャー
【ミニマム(月額:9,800円)】
計測可能PV:50,000PV/月
登録ドメイン数:無制限
登録URL数:無制限
【ビジネス(月額:19,800円)】
計測可能PV:100,000PV/月
登録ドメイン数:無制限
登録URL数:無制限
:
【プロ(月額:149,800円)】
計測可能PV:800,000PV/月
登録ドメイン数:無制限
登録URL数:無制限
10,000PV/月
1ドメイン
1URL
Ptenjine(ピーティーエンジン) スクロールヒートマップ
アテンションヒートマップ
クリックヒートマップ
ABテスト
ユーザー環境による絞りこみ
API解放による他ツールとの連携
など
【エコノミー(月額:17,800円)】
計測可能PV:30,000PV/月
登録ドメイン数:1
登録URL数:無制限
【ビジネス(月額:35,800円)】
計測可能PV:90,000PV/月
登録ドメイン数:1
登録URL数:無制限
:
【プロ(月額:59,800円)】
計測可能PV:180,000PV/月
登録ドメイン数:3
登録URL数:無制限
3,000PV/月
1ドメイン
1URL
Clicktale(クリックテイル) スクロールヒートマップ
アテンションヒートマップ
クリックヒートマップ
マウスの動きの録画
エントリーフォームの離脱ポイント分析
各種ツールとの連携
など
要お問い合わせ 要お問い合わせ
User Heat(ユーザーヒート) スクロールヒートマップ
アテンションヒートマップ
クリックヒートマップ
マウスムーブ
離脱エリア
要お問い合わせ 300,000PV/月
1ドメイン
無制限URL
Mouseflow(マウスフロー) スクロールヒートマップ
アテンションヒートマップ
クリックヒートマップ
セッションリプレイ
フォーム分析
など
【スターター(月額:3,182円)】
計測可能PV:10,000PV/月(2,500セッション/月)
登録ドメイン数:1
登録URL数:無制限
【グロース(月額:10,863円)】
計測可能PV:50,000PV/月(10,000セッション/月)
登録ドメイン数:3
登録URL数:無制限
【プロ(月額:43,783円)】
計測可能PV:500,000PV/月(100,000セッション/月)
登録ドメイン数:10
登録URL数:無制限
500PV/月(100セッション/月)
1ドメイン
1URL

1.Mieruca(ミエルカヒートマップ)

Mieruca(ミエルカヒートマップ)

Mieruca(ミエルカヒートマップ)は、基本的な機能が全て付帯したヒートマップツールです。

登録サイト数や計測可能ページビュー数に応じて多様な料金プランが設定されていますので、自社の状況に応じて利用できます。

他にもコンテンツマーケティングの課題分析ツールMierucaも提供していますが、最大の特徴はこのMierucaとの連携です。

集客キーワードを可視化し、注力すべきキーワードを提案してくれます。

コンテンツマーケティングの効果改善にぜひ利用したいヒートマップツールです。

機能 スクロールヒートマップ
アテンションヒートマップ
クリックヒートマップ
コンテンツマーケティングツールとの連携
自動毎日キャプチャー
価格 【ミニマム(月額:9,800円)】
計測可能PV:50,000PV/月
登録ドメイン数:無制限
登録URL数:無制限
【ビジネス(月額:19,800円)】
計測可能PV:100,000PV/月
登録ドメイン数:無制限
登録URL数:無制限
:
【プロ(月額:149,800円)】
計測可能PV:800,000PV/月
登録ドメイン数:無制限
登録URL数:無制限
無料利用できる範囲 10,000PV/月
1ドメイン
1URL

Mierucaの公式サイトへ

2.Ptenjine(ピーティーエンジン)

Ptenjine(ピーティーエンジン)

Ptenjineは多機能なヒートマップ分析ツールです。

ヒートマップとしての基本的な機能はもちろん、ABテストやユーザーの環境による絞り込み分析、適切なユーザーに適切なコンテンツを表示させるターゲティング機能、キャンペーンの実施機能、多様なダッシュボードが提供されます。

これにより、あなたはWebページの分析のみならず具体的な改善策の実行や検証までをすることができますので、いまあるトラフィックをより効率的に収益化することができます。

ヒートマップ分析機能だけでは満足できない、一歩進んだマーケティングツールを求める方におすすめです。

機能 スクロールヒートマップ
アテンションヒートマップ
クリックヒートマップ
ABテスト
ユーザー環境による絞りこみ
API解放による他ツールとの連携
など
価格 【エコノミー(月額:17,800円)】
計測可能PV:30,000PV/月
登録ドメイン数:1
登録URL数:無制限
【ビジネス(月額:35,800円)】
計測可能PV:90,000PV/月
登録ドメイン数:1
登録URL数:無制限
:
【プロ(月額:59,800円)】
計測可能PV:180,000PV/月
登録ドメイン数:3
登録URL数:無制限
無料利用できる範囲 3,000PV/月
1ドメイン
1URL

Ptenjineの公式サイトへ

3.Clicktale(クリックテイル)

Clicktale(クリックテイル)

Clicktaleは(クリックテイル)の最大の特徴としては、ユーザーのスクロール状況やページ遷移を実際の画面を通して再生することができる「セッション再生」という機能です。

これにより、ユーザーがどこをじっくり読み、どこを読み飛ばしているのか、どこで離脱しているのか、どこでページ遷移するのか、といった状況を画面を録画し、それを再生しているかのように閲覧することができます。

また、ユーザー環境により絞り込みもできますので、詳細な分析が可能です。

なお、価格や無料トライアルの実施状況についてはお問い合わせが必要です。

機能 スクロールヒートマップ
アテンションヒートマップ
クリックヒートマップ
セッション再生
エントリーフォームの離脱ポイント分析
各種ツールとの連携
など
価格 要お問い合わせ
無料利用できる範囲 要お問い合わせ

Clicktaleの公式サイトへ

4.User Heat(ユーザーヒート)

User Heat(ユーザーヒート)

User Heat(ユーザーヒート)は、ご紹介するヒートマップツールの中でも「ヒートマップ機能」に特化したシンプルなサービスです。

しかし、「スクロールヒートマップ(どこまでスクロールされているか)」「アテンションヒートマップ(どこが熟読されているか)」「クリックヒートマップ(どこがクリックされているか)」「マウスムーブ(マウスのポインタがどのように動いているか)」「離脱エリア(どこで離脱がされているか)」と、一通りのヒートマップ分析ができます。

また、無料でも1サイト300,000PV/月までは無料で解析できますので、かなりの情報が手に入ります(ページの長さに制限あり)。

機能 スクロールヒートマップ
アテンションヒートマップ
クリックヒートマップ
マウスムーブ
離脱エリア
価格 要お問い合わせ
無料利用できる範囲 300,000PV/月
1ドメイン
無制限URL

User Heatの公式サイトへ

5.Mouseflow(マウスフロー)

Mouseflow(マウスフロー)

Mouseflow(マウスフロー)は、高機能のヒートマップ分析が比較的低価格で利用できます。

特徴としては「セッションリプレイ」「フォーム分析」の2機能です。

「セッションリプレイ」は、Clicktaleは(クリックテイル)にも搭載されていますがユーザーの動き(クリック、マウス、スクロール)を閲覧できる機能ですが、Mouseflowの場合は各ユーザーの動きを実際に録画していますので、ユーザーがWebサイトを閲覧しているのをまるで横から見ているかのようにリアルに分析することができます。

「フォーム分析」は、エントリーフォームの項目ごとに離脱数、未入力数、エラー数を測定することができます。フォームの改善(EFO)は、売り上げに直結する施策ですので、利用価値の高い機能です。

Mouseflow(マウスフロー)は、ヒートマップに特化した高機能のツールを低価格で利用したいと考えている方におすすめです。

機能 スクロールヒートマップ
アテンションヒートマップ
クリックヒートマップ
セッションリプレイ
フォーム分析
など
価格 【スターター(月額:3,182円)】
計測可能PV:10,000PV/月(2,500セッション/月)
登録ドメイン数:1
登録URL数:無制限
【グロース(月額:10,863円)】
計測可能PV:50,000PV/月(10,000セッション/月)
登録ドメイン数:3
登録URL数:無制限
【プロ(月額:43,783円)】
計測可能PV:500,000PV/月(100,000セッション/月)
登録ドメイン数:10
登録URL数:無制限
無料利用できる範囲 500PV/月(100セッション/月)
1ドメイン
1URL

Mouseflowの公式サイトへ

ヒートマップツールのデメリット

ヒートマップツールにデメリットはありません。

強いていうならば、データ量(ページビュー数)が極端に少ない場合には正確なデータが得られません

また、データ(ページビュー数)が少ない場合改善したところで売り上げインパクトも少ないので、ヒートマップツールへの投資対効果としても合わない場合があります。

ある程度のページビューがあり(1,000/月ページビュー以上など)、改善した際の売り上げへのインパクトが大きい場合のみ利用を検討するようにしましょう。

まとめ

ヒートマップツールとはどんなツールなのか、おすすめのヒートマップツールを厳選して5つご紹介してきました。

ヒートマップツールを導入し、改善を行うことで、Webサイトのパフォーマンスが向上し、売り上げの増加が期待できます。

気になるヒートマップツールがあれば、複数のツールで無料トライアルを実施し、比較してみてください。

>スポンサー募集中!

スポンサー募集中!

御社のサービスの露出をより最大化させませんか?
BIZONであればリーズナブルに、リーチしたい層へのアプローチが可能です。
広告メニューの詳細は以下のページよりご覧いただけます

CTR IMG