記事作成代行サービス

記事作成代行サービス5社を徹底比較!選び方とおすすめは?

SEOに力を入れたいけど記事作成のリソースを確保できない

クラウドソーシングではなかなかいいライターに巡りあえない

記事を投稿しているけれど、なかなかいい効果が得られない

自社メディアを運営するあなたはこのような悩みをお持ちではないでしょうか?

Googleの検索アルゴリズムの改善により、また、競合の増加によりSEOの難易度は年々高まっています。
このような背景もあり、「記事はSEOに詳しいプロに頼みたい」と考える担当者も多いことでしょう。

そこで、このページでは記事作成代行サービスの選び方やおすすめの業者、導入にあたっての注意点などをご紹介していきます。
記事作成代行サービスの導入を検討している方にとって知って得する内容になっていますので、ぜひお役立てください。

【PR】
当メディア「BIZON」を運営する株式会社IAMmediaでも、記事作成代行サービスを運営しています。SEOに強い記事を少数精鋭のチームで作り上げるのが特徴。規模や売り上げを追求することはしていませんので、契約社数に上限を設けています。限られたお客様のみに満足していただけるようサービスを提供しています。

サービスサイトへ

記事作成代行サービスとは?

記事作成代行サービスとは、企業のオウンドメディアやコンテンツマーケティングを目的としたウェブサイトの記事を代行して作成してくれるサービスです

記事を内製するには専用の人員を割いたり、SEOやWebライティングの知識を常に身につけておかなければならない点に企業側の課題がありました。

しかし、一部の記事作成代行サービスではライターのアサインやディレクションといった記事作成代行サービスだけでなく、SEOに詳しいコンサルタントが在籍しているようなサービスもあります。

そのため、記事作成代行サービスを利用することで安定した品質で記事の配信が可能となります。

記事作成代行サービスを利用するメリット

記事作成代行サービスを利用することで得られるメリットは以下の3つです。

  1. ライター探しやディレクションから解放される
  2. 記事の品質が安定する
  3. 投稿のペースを維持できる

1.ライター探しやディレクションから解放される

一番のメリットがクラウドソーシングや、ライターと直契約でやり取りしたものの「記事の品質が安定しない」「マナーを守れない人が一定数いる」「マニュアル作成やライターの育成をしなければならない」という状況からの解放です。

記事作成代行サービスは多くの場合、ディレクターが担当としてついてくれて、レギュレーションを理解した上で記事の品質が安定するよう適したライターのアサインやディレクションをしてくれます

ライターとのやり取りやクラウドソーシングに限界を感じている担当者さまにとって大きなメリットです。

2.記事の品質が安定する

記事作成代行サービスの利用によって記事の品質が安定します。

多くの記事作成代行サービスでは、業者が日頃からコミュニケーションを取れているライターのみをアサインするため、あらかじめライターごとの適性や力量を把握できている分、記事の品質が安定しやすいです

「ライターによって記事の品質がバラバラ」という問題で悩んでいる担当者さまも多いのではないでしょうか。

記事作成代行サービスを利用することでこういった問題からも解放されます。

3.投稿のペースが維持できる

決めた計画通りに記事を投稿できるというメリットもあります。

記事を内製化していると忙しい時期にはどうしても投稿できないケースもあるでしょう。しかし、記事作成代行サービスではお願いした納品ペースはしっかりと守ってくれますので、スケジュール通りに記事を投稿できます

ただ、CMS入稿すら時間がないという場合もあるでしょう。業者によっては納品方法をCMS入稿(文字装飾や画像を挿入した状態)に指定することもできますので、相談してみるといいでしょう。

記事作成代行業者の選び方は?

記事作成サービスの選び方は以下の3つです。

  1. 費用が妥当である
  2. 事例から記事の質を判断する
  3. クラウドソーシングに再委託していない

1.費用が妥当である

費用が安すぎず高すぎないことを確認してください。

安すぎても記事の質が心配ですし、高すぎると費用対効果があわない恐れがあります(Webメディアの運営を通して得られる利益をコストが上回ってしまう)。

では、いくらだと安すぎるのか。これはあくまでも目安ですが、最低でも文字単価にすると7~8円からでしょう。これを下回る場合には、以下のような可能性があります。

  • クラウドソーシングに再委託し、チェックせずに納品してくる
  • 内製化していたとしても誤字脱字だらけ
  • 記事によって品質がバラバラ

また、いくらだと高すぎるのか。これは、1記事あたりいくらの予算まで投下できるのかをシミュレーションする必要がありますので、企業次第ですから具体的な価格を示すことはできません。

ただし、文字単価に直すと7~8円以上の業者を選定することで失敗は減らせるでしょう。

2.事例から記事の質を判断する

業者に問い合わせする際には過去の事例を見せていただくようにしましょう。

見せていただいた事例が伸びているWebメディア(サービス)で、長期間にわたって納品し続けた実績があればある程度信頼できそうです

伸びているかどうかを判断する方法ですが、執筆した記事のURLを共有してもらい、その記事の検索順位をチェックする方法があります。(検索順位のチェックには、「URL」と「キーワード」を入力すると順位が取得できるSEOチェキがおすすめです)

記事作成業者に問い合わせする際には、事例から記事の質を判断するようにしましょう。

3.クラウドソーシングに再委託していない

クラウドソーシングに再委託していないかも確認するべき項目です。

文字単価の基準は満たしていたとしても、クラウドソーシングに再委託しているケースはあります

クラウドソーシングに再委託していたとしても、記事の品質が良くて安定するのであれば結果的に問題ないと言えます。しかし、クラウドソーシングに再委託している場合、業者は多くの場合で品質を上げることではなく利益を残すことが目的です。

ライターはどのように確保しているのか業者の選定にあたって聞いてみるといいでしょう。

【SEOに強みあり!】記事作成代行サービス5社を徹底比較

以下に、SEOに強みを持つ代表的な5つの記事作成業者の比較表を作成してみました。

サービス名 価格 特徴
SEEC 3円〜20円 SEOに強い記事を納品するための体制に強み
Buildup 9円〜 自社メディアの運営やSEOコンサルティングの実績やノウハウが豊富
記事作成代行ドットコム 2~8円 ライターを厳選しプロフィールページに掲載
サグーワークス 6.7円〜 ライターのレベルによってプランが変動
イノーバ 14万円〜/4本〜 コンテンツマーケティング支援企業の最大手で導入実績が豊富

以下では上記5つの業者について特徴をより詳細にご紹介していきたいと思います。

1.SEEC

SEEC

SEECは、検索エンジンに評価される高品質な記事の提供を目指した記事サービスです。

検索エンジンに評価される記事を納品するために、ヒアリング、情報収集力、社内育成ライターによる執筆、コピペチェック体制、プロ校正に注力しています。

価格は、「3~20円」と幅がありますが専門性の高い記事などは5~20円の範囲。それ以外については、3~10円で対応可能です。

このサービスにお問い合わせする

2.Buildup

Buildup

Buildupは、当メディア「BIZON」を提供する弊社の記事作成代行サービスです。手前味噌で恐縮ですがサービスの提供開始から4年が経ち、実績も積み上がってきましたのでご紹介させていただきます。

SEOコンサルタントがライターへのディレクション、納品前チェックをするためSEOに強い記事の提供が可能です。

価格は多くの場合で、文字単価9円で利用可能です。

URL https://buildupp.net/content-production
価格 文字単価9円〜

このサービスにお問い合わせする

3.記事作成代行ドットコム

記事作成代行ドットコム

記事作成代行ドットコムは、クライアントのサイトに合わせた柔軟な記事作成が可能です。

ライター紹介ページでは、ライターのプロフィールを掲載していますが、信頼できて実力のあるタイターのみが在籍するというのも一つのウリです。

価格は、専門性の高い記事かそうでないかなどの条件によって変わってきます。

URL https://writing-daiko.com
価格 2~8円

このサービスにお問い合わせする

4.サグーワークス

サグーワークス

サグーワークスを提供するウィルゲートは、SEOコンサルティング会社として多数の企業のWebマーケティング支援や自社メディア運営をしてきました。

ライターのレベルによって大きく4つのプランに分かれるのが特徴です。そのうち3つはタスク形式といってライターが専属でないため記事の品質が安定しないリスクがあるため、専属のライターに依頼できるプラン(6.7円〜)が無難です。

URL https://works.sagooo.com/order/
価格 6.7円〜

このサービスにお問い合わせする

5.イノーバ

イノーバ

イノーバは、日本では初めの方にコンテンツマーケティングの支援を事業としてスタートした企業です。代表の宗像さんは書籍も執筆していますし、導入実績もかなり豊富です。

料金体系は、「月々14万円〜で4本のコンテンツ」が基本となっていて、定期レポートやSEOノウハウのレクチャーが含まれます。

URL https://innova-jp.com/service-seo/
価格 14万円〜/4本〜

このサービスにお問い合わせする

記事作成代行サービスの導入にあたって準備すること

記事作成代行サービスの導入にあたって、担当者が準備することは以下の2つです。

  1. レギュレーション
  2. 長期間にわたった予算の確保

1.レギュレーション

業者への問い合わせと並行してレギュレーションを準備しましょう。

レギュレーションとは、記事作成にあたっての規則のことです。例えば、以下のようなイメージです。

  • 「です。ます調」なのか、「だ。である調」なのか
  • 「様→さま」「出来る→できる」「掃除→そうじ」などの漢字のひらき具合
  • 数字は半角なのか、全角なのか
  • 文章構造はPREPを採用

他にもいっぱいありますが、レギュレーションを準備するメリットは、違反している内容であれば手直し(修正)をお願いできる点です

レギュレーションに書いていない内容の手直し(修正)をお願いしても対応してもらえないケースが大半です。

思い通りの文章を納品してもらうためにも、なるべく詳細にレギュレーションを定めておくべきでしょう。

もしリソースがどうしても避けない場合には、業者が手伝ってくれる場合もありますので相談してみるといいでしょう。

2.長期間にわたった予算の確保

もし、あなたがこれからWebメディアの運営を始める場合には、記事作成代行業者に依頼する前に、最低でも半年のあいだ予算を確保するようにしましょう。

SEOを目的としたコンテンツマーケティングの場合、スタート時にある程度効果の出ない期間があります。この期間がだいたい半年くらいです

せっかく記事作成代行サービスを利用したのに、2〜3ヶ月で効果が出ないからと諦めてしまってはもったいないです。

依頼する前には半年は効果が出ない期間があるということを認識した上で、予算を確保してのぞみましょう。

最後に

気になる記事作成代行業者は見つかりましたか?
気になる業者が複数ある場合には、はじめは複数業者に均等な本数で同時に依頼してみることをおすすめします。

それによって業者ごとの特徴がつかめてくるはずです。
記事代行サービスを使って、効率的にWebメディアを成功に導きましょう。

【PR】
冒頭でもご紹介させていただきましたが、弊社でも記事代行サービスを提供しています。東証一部上場企業からベンチャー企業に至るまで実績多数。社数に上限を設けた一味違ったサービスをぜひご検討ください。

サービスサイトへ

>スポンサー募集中!

スポンサー募集中!

御社のサービスの露出をより最大化させませんか?
BIZONであればリーズナブルに、リーチしたい層へのアプローチが可能です。
広告メニューの詳細は以下のページよりご覧いただけます

CTR IMG